個性分析(アセスメント・アナリシス)

才能の発掘&開花と個性の組み合わせで新たな価値を生み出す「個性分析」

人口減少や少子高齢化など社会課題先進国の日本において一人ひとりの持っている才能を発掘して開花し、さらにその才能を組み合わせて社会課題の解決や新たな価値を生み出すための”タレンティズム”の実現の必要性と要望がますます高まっています。

タレンティズム(talentism、才能主義)とは、金銭ではなく起業家精神や才能を中心に置いた経済を指す。ここでの「才能」はエリート層に限定された意味合いとは異なり、全ての人がそれぞれの個性を生かした才能のことをいう。対照的に、現行の資本主義は資本を中心に置いた経済として捉えられる。

タレンティズムとは・意味 | 世界のソーシャルグッドな …https://ideasforgood.jp ›

私たち株式会社夢峰(ムーブ)は
「自分を知り、個性を認め活かしあう共存共栄の社会をつくる」
という存在意義を体現すべく、データサイエンスとタレンティズムに基づく独自の「個性分析」を開発しました。
これまで5,000人を超える国内外の企業、NPO、NGO、各種教育機関など様々な組織と個人の方々を対象に個性分析を通した才能発掘、才能開花、価値を創造するコミュニケーションのサポート行っております。
提供する価値の更なる発展と成長に向けて大学などの専門機関と連携・協力しながら常にアップデートを続けています。

個性のパターンの分類イメージ

①才能発掘:個性(天才性、得手不得手、価値観、癖)の見える化

まず個性分析においては個人の個性のタイプを明らかにします。
意識調査と専門分析官による面談を通して個性分析レポートを作成し、個性の見える化を行います。

レポート作成後のレポート内容の共有時に、自身の天才性、得手不得手、価値観など自身が主観的に「普通」「当たり前」と捉えている部分の客観化(メタ認知)を行い、自分と他者が「どう違うのか」を理論立てて体系的に認識します。

②才能開花:個性のプロセスレベルの認識とステップアッププランの合意形成

個性分析では同じ個性タイプだから同じパフォーマンスを発揮できるという解釈せず、「個性はレベルによってパフォーマンスが変化する」という考え方に基づき、個人個人の個性のプロセスレベルを計測し、合意形成を行いながらステップアップするための個性ごとのチャレンジ課題を設定します。

ポジションやライフステージの変化によって個性のレベルが変動するため、自身の個性のタイプを認識した後に現状の個性レベルの自覚と克服する課題の明確化はこれからの才能開花にとって重要な観点です。

また、上司やメンターなど指導役の方が自身と違うタイプだった場合は成長プロセスが全く異なるためにコミュニケーションの不一致やメンタルダウンにつながりかねません。

自分自身の個性タイプと現状のレベルを認識し、個性を次なるステップへ伸ばすための個々人異なる成長設計・キャリア設計を後押しします。
(ご要望に応じて本プロセスには国家資格キャリアコンサルタントもサポートします)

③価値創造:個性の違いの相互理解をコミュニケーション

個々人の①個性(才能)を発掘、②才能開花を実現し、いよいよ現実に価値を生み出すためには、
組織やコミュニティにおける相互理解の関係性=(コミュニケーション)の土台が必要不可欠です。

MIT元教授のダニエル・キム氏の提唱する成功循環モデルにおいても、組織が継続的に成長し結果を出し続けるグッドサイクルを回すことの起点は【関係の質】であると論じられています。

画像
https://www.join-the-dots.net/blog/socialcapital-11

個性分析では「自分と他者がどのように違うのか?」を見える化し、分析に基づいて理論的かつ体系的に理解します。
お互いの価値観、受け取り方、発し方、得意、不得意を共有し、「自分の当たり前」がどのように他者と違うのかを個性分析を基に紐解いてお互いに理解することで上記の関係性の土台が整います。

・ゲーム形式のコミュニケーションレベルアッププログラム
・集合研修型ワークショップ
・個別対応のコミュニケーションレポート

これらのアプローチは実際に個性分析と共にコミュニケーションレベルアッププロジェクトとして組織に導入し、成果の上がった取り組みです。

現在も導入企業や研究機関との取り組みを通して、データサイエンスとタレンティズムを組み合わせた才能開花の後押しを常にアップデートしています。

それらは①才能発掘、②才能開花、③価値創造、④適材適所、⑤共存共栄へと活用ステップを踏むことで持続的な成長につなげていきます。

本ページでは、まずは基礎となる①~③の概要を記しました。

個性分析の導入をご検討中の法人様へ

★ご提供の条件
(個性分析は下記1~4すべての条件を満たす法人様にのみ提供させていただいております。)

  1. 個性分析のご提供にはご紹介が必要です。
    ご紹介とは実際に弊社の個性分析を活用している法人様からのご紹介、もしくは弊社役員からの直接の紹介とさせて頂いております。
  2. 人の個性を明確にし、本気で組織の課題を解決したい方、新たなコミュニケーションを通して価値を生み出したい方、互いに共感し、共にプロジェクトとして取り組める方。
  3. 職位に関係なく、会社、組織を代表する立場としての意思決定者である方。
  4. 自社、組織内での活用以外の目的、個人的なご興味でのお申し込みはご紹介であってもお断りさせて頂いております。